熊本環状道路期成会
   熊本環状道路期成会TOP  >  路線の紹介  >  熊本環状道路の現状と効果

路線の紹介

熊本環状道路の現状と効果

最終更新日 [2017年6月21日]  

 

現状

 熊本都市圏のほぼ中心を縦断する国道3号は、慢性的な交通渋滞を引き起こしており、二酸化炭素排出による地球温暖化や経済的損失等、様々な問題の要因となっています。
国道3号(渋滞)

 

 

環状道路の効果

 環状道路には、次のような効果が期待できます。
環状道路効果

 

熊本環状道路の整備効果

◆環状道路の内側の市街地で通過交通の減少
平均交通量
通過交通量

環境に与える効果

◆騒音などの沿道環境が改善へ

◆自動車による大気汚染物質の量が削減

大気汚染物質量

各方面へのアクセス向上

  • 熊本市周辺に計画されている地域高規格道路と接続し、天草・玉名方面へのアクセス向上
  • 九州縦貫自動車道と接続し、熊本中心部から福岡・鹿児島方面へのアクセス向上
  • 中心市街地へ集中する交通の分散化による渋滞緩和
     
九州の図

 

この情報に関するお問い合わせは
地域高規格熊本環状道路建設促進期成会
電話:096-328-2475
ファックス:096-352-8186


※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
 戻る TOP