植木バイパス期成会
   植木バイパス期成会TOP  >  路線の紹介  >  国道3号植木バイパス概要

路線の紹介

国道3号植木バイパス概要

最終更新日 [2017年6月21日]  

【概要】

 国道3号植木バイパスは、九州縦貫自動車道植木ICを起点とし、熊本市北区四方寄町に至る道路で、その一部は国道3号熊本北バイパス及び熊本西環状線と結び熊本環状道路を形成し、熊本都市圏と県北部地域との相互交流及び連携に寄与する道路です。

H29植木BP

【各路線紹介】

 

熊本環状連絡道路 

 熊本環状連絡道路は、熊本環状道路と九州縦貫自動車道とを接続する道路で、現在「調査区間」に指定されています。

 

 

 熊本西環状道路

 熊本西環状道路は、熊本環状道路の西側部分を構成する自動車専用道路で、全延長12.3kmのうち下硯川インターから花園インターまでの4.1km区間については、平成29年3月に暫定2車線にて供用が開始されました。また、花園インターから池上インターまでの4.5km区間についても事業が進められています。

 残る3.7km区間については「調査区間」に指定されています。

 

 

  国道3号熊本北バイパス

  国道3号熊本北バイパスは、国道57号熊本東バイパスや国道3号植木バイパスと一体となって、熊本環状道路の東部を構成している国道です。

 平成27年3月に全線7.6kmが供用開始(一部暫定2車線)されており、現在、2車線区間である熊本市北区四方寄町から合志市須屋までの1.8kmについて4車線化が進められています。

 

 

   

この情報に関するお問い合わせは
国道3号植木バイパス建設促進期成会
電話:096-328-2475
ファックス:096-352-8186


※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
 戻る TOP